こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》 | 日記 | 177.糖質制限再考/高血糖・インシュリンスパイクも視野に入れて。

疲労回復から交通事故後遺症などの慢性症状の切り崩しまで。特殊療法をマンツーマンでご提供。

Top >  日記 > 177.糖質制限再考/高血糖・インシュリンスパイクも視野に入れて。

こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》  の日記

177.糖質制限再考/高血糖・インシュリンスパイクも視野に入れて。

2017.01.09

《糖質・炭水化物を考える》
【フジフィルムさんも  こう仰ってます】
   下部の画像、ご参照。

【江部・夏井先生情報でも…】
ご        飯        軽く1膳   大きめの角砂糖14個分
う   ど  ん      1    玉            角砂糖14個分
食パン6枚切り    1    枚        角砂糖  8個分
コ    ー    ラ      500ml       角砂糖15個分
スポーツドリンク    500ml        角砂糖  8個分


《江部・夏井式糖質制限のルール》
>肉・魚・玉子・油脂類・野菜・海藻・キノコ・ナッツ……
「いくら食べても構いません。」
>焼酎・ウィスキー・ワイン……
「いくら飲んでも構いません。糖質OFFのものなら。」
⇒要は、インシュリンスパイクを引き起こす『ごはん・パン・
うどん・そば・菓子類・果物類』に気をつけさえすれば良い
ということです。米飯に代えて『オカラご飯』もお奨めです。
当院をより良くご活用頂くためにも、ご提案致します。

・・・・・・・ ガン・糖尿病・面倒な病気との対決 ・・・・・・・・
高血糖・インシュリンスパイクを抑える
/疾病の棲家つくるな、エサあたえるな❢

疾病を考えるとき、問題なのは“高カロリー”ではなく “インシュリンの乱高下”。
食材を見直すと共に、よく噛んで 唾液と同化することを身に付け、血液を良質に。
その血液がろ過され リンパ液となり、さらに脳脊髄液となり 疾病を駆逐する力となる。
一方、身体を動かすためのシステム《筋・骨格》。
中でも筋肉は、酸素が無くても 栄養が足りなくても 働かざるを得ない運命。
体重のおよそ50%を占める筋が、傷つき・錆び付き・疲弊しやすい訳です。
ご自身のご努力が報われないと感じられたら、鍼灸の出番。
我々は、筋・筋膜を含め 結合組織にアプローチし、線維芽細胞達に
じかに働きかけることが出来ます。

究極の先進医療とお思いの《再生医療》は、皆様のお身体の中で、
ご自身の生体が為してくれている…という事なのです。

ーー骨格は 身体の大地 掘り起こせ 潜在治癒力 蘇るまでーー   

当院は、研珠庵アキュ 小橋(本多)正枝が、
《掃骨鍼法》を《診療実時間制》でご提供致します。
どうぞ、ご活用下さい。

177.糖質制限再考/高血糖・インシュリンスパイクも視野に入れて。

日記一覧へ戻る

【PR】  ハウンドドッグ  東進こども英語塾 羽村五ノ神教室  ひかり整体院  リラクゼーションマッサージほぐしま専家国立店  SeaGreen (シーグリーン)