こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》 | 日記 | 178.ようこそ からだのサビ取り はりきゅうのコバシ/こばし鍼灸院へ

疲労回復から交通事故後遺症などの慢性症状の切り崩しまで。特殊療法をマンツーマンでご提供。

Top >  日記 > 178.ようこそ からだのサビ取り はりきゅうのコバシ/こばし鍼灸院へ

こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》  の日記

178.ようこそ からだのサビ取り はりきゅうのコバシ/こばし鍼灸院へ

2017.02.27

  ようこそからだのサビ取り はりきゅうのコバシ
……………………………………………こばし鍼灸院へ…………………………………………

*当院は、骨格ケレンRT こばし流掃骨鍼法の専門店です*
*診療実時間制(分×100円)でマンツーマンに徹します*
*灸・火鍼・吸角・刺絡・光線等の併用は別料金ご容赦*
*ご相談・ご予約はTel・Fax 06(6302)0108
PCmail: ms.acupun@gmail.com へどうぞ*

〒532-0025 大阪市淀川区新北野1丁目3-4-409
近鉄淀川リバーサイドマンション409号室
研珠庵アキュ 小橋(本多)正枝

~~日本鍼灸は、撫で擦る小児科的“優”から

                          深部まで解し切る外科的“剛”まで~~

*当院は後者に位置し、
《骨格は 体の大地 掘り起こせ 潜在治癒力 蘇るまで》
…………………………………………………………………………………………………………をご提案します*


素朴な疑問、鍼灸ってなぜ効くの?

《起》 【体重の内訳】
体重のおよそ50%が筋肉、同じく20%は骨、締めて70%が
身体を支持し、動かすための“装置”ということです。
残り30%の脳ミソや内臓は、その中に埋もれて護られている。

《承》 【線維芽細胞はあらゆる組織再生の基本となる細胞
線維芽細胞は、
結合組織Fascia、とりわけ真皮・筋膜Myo-
fascia等の膜組織に存在しており、
怪我をすれば皮膚に、
肉離れに際しては筋肉に、骨折すれば骨にと、あらゆる細胞に
変化する能力を有する万能細胞。マクロファージと共に、
これ無くしては、損傷の治癒は成り立たないと言っても過言ではない。
(その極みが、
iPS細胞。)
http://stonewashersjournal.com/2015/02/02/fibroblast/


《転》 【身体が動く仕組み】
運動器としての筋肉は関節を跨ぐ形で、2ヶ所以上の骨に
しっかりと根を張り、ギューッと縮むことで対側の骨を手繰り寄せる。
従って、筋の起始部・停止部・付着部は、綱引き・梃子(てこ)・
滑車に於ける支点・力点・作用点として、物理的にも大きな
負荷がかかる。
日常動作
ADLあれ、ハードなスポーツ、果ては事故に至るまで
条件は同じ。新鮮な血流を望めない組織は窒息状態。   
“傷つき・錆び付き”を繰返さざるをえなくて、悲鳴を上げているのは、
他ならぬ筋・骨格系であろうことは想像に難くない。

》 【鍼灸と線維芽細胞は相性が良い】
線維芽細胞は、損傷を引き金として自ら細胞分裂し、コラーゲン・
エラスチン線維、ヒアルロン酸などを分泌、生体の再生に
大きく貢献していることは先に述べた。
一方、鍼は小さいながらキズ・灸は軽いながらヤケド。
~~リズナブルなキズを以て有害な古傷を制す~~
鍼灸は、病巣に直接働きかけることが出来る技術。

》 【組織再生に用いられる素材】
先ず血液
②これを濾過してリンパ液
③さらに濾過され、脳脊髄液となる。
その一部始終は、各々が摂取する飲食物に他ならない。
どうぞご賢察を。
(食材に関するご参考は次ページご用意します)











178.ようこそ からだのサビ取り はりきゅうのコバシ/こばし鍼灸院へ

日記一覧へ戻る

【PR】  医療法人桜明会ひらの歯科クリニック  YAMATE美術セミナー  Body Maintenance Repair  moana 南越谷店、せんげん台店  靴修理 合鍵の店 プラスワン野田阪神店