こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》 | 日記 | 185.心機一転、《しんきゅうコンパス》にコラムを書かせて頂いています。応援よろしく。

疲労回復から交通事故後遺症などの慢性症状の切り崩しまで。特殊療法をマンツーマンでご提供。

Top >  日記 > 185.心機一転、《しんきゅうコンパス》にコラムを書かせて頂いています。応援よろしく。

こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》  の日記

185.心機一転、《しんきゅうコンパス》にコラムを書かせて頂いています。応援よろしく。

2017.08.24

心機一転、《しんきゅうコンパス》にコラムを書かせて頂いています。
応援よろしく。
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/29560/
==============================
「鍼灸って何だろう?」「鍼灸ってきくのかなぁ…」と思いませんか?
「鍼灸って何だろう?」「鍼灸って本当に効くのかなぁ…」と思いませんか?

鍼灸をご愛顧下さる皆さま
興味をお持ち下さる皆さま
鍼灸を実践下さる皆々さま

***ようこそ鍼灸へ***

♦日本の鍼灸は、撫で擦る小児科的”優”から病巣を解し切る外科的”剛”まで。
その守備範囲は広く鍼灸師の層は厚いものです。
♦もし貴方が、鍼灸に関わっていながら得心をお出来にならないなら、
それは適材適所の技術に巡り合っていらっしゃらないのかも知れませんね。
♦28年前の『NHKサイエンススペシャル』が、最近「NHKスペシャル」として
再放送されたものが有ります。とりわけ『筋・骨格』と『肝臓』の話が
圧巻です。どうぞ一度ご覧になって下さい。

♦資料⓵ 動画「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉」
 NHKサイエンススペシャル 筋・骨格
 宇宙から帰った飛行士の筋・骨格の衰えは、地上の老化現象に等しく、
これを防ぐのは「重力」と「運動」との結論です。

♦資料② 動画「驚異の小宇宙・人体Ⅰ「第04回 壮大な化学工場 ~肝臓~」
  NHKサイエンススペシャル 肝臓
 肝臓が如何に大変な仕事をし続けて居るかと言うこと。
《飽食・過食》と《飢餓・拒食》と言う対極の行為が、肝臓には
同じ負担となり脂肪肝という事態を引き起こすなど、驚きの事実満載です。

 
♦資料➂ 記事《線維芽細胞とは?》
 Stone Washer’s Journal 線維芽細胞
 iPS細胞は医業・工業・薬業の粋を集め、対価も計り知れない存在ですが、
線維芽細胞は我々の体内のあらゆる組織に存在し、損傷の修復に
力を
発揮する。皮膚にも・筋肉にも・骨にも…。

 ***この様な科学を、当院は次の様に活かします***
《掃骨鍼法こばし流》の別称《骨格ケレン》とは
――建築関係の言葉で、建物の壁や床の汚れ落としを「ケレン」と
言うそうですね。

♦仕事、不摂生、運動の過不足などでバランスを崩した軟部組織の中で、
傷つき・汚れ、酸素・栄養も貰えず、ダブルパンチ・トリプルパンチを
食っている筋・骨格。
♦その骨格の分解掃除(?)を称して筆者は「骨格ケレン」と名付けました。
♦Rene Calliet MDは、その著書「軟部組織の痛みと機能障害」(医歯薬出版)の
冒頭で、「医学的治療を求める患者の大部分は、身体の動く部分の
痛みと
機能障害である」と述べています。
♦そこで「痛み・不快感がなく、支持性・安定性に富み、良く動く
骨格アラインメント」という理想的な身体の再構築を目指して、私は
次のように提唱します。


第一段 脳と末梢をつなぐケーブルの通過点、項部・頸部をほぐす。
第二段 脊柱起立筋をほぐし脊椎諸関節を緩め、自律神経/内臓の働きを
高め自浄作用を促進する。
第三段 掃骨鍼法の得意技、主訴に対応。
第一・第二段は定期的な健康管理や疲労回復に、第三段はADLの改善に
非常に有効。

《メンケン/一過性加療反応について》
♦疲労物質が沈着していく逆を考え、生体が認識しなくなった、もしくは
認識してもお手上げ状態のサビ・古傷を掻爬し、新しいキズ(急性期)に
戻すことで再処理を促す。
♦つまり、メンケンは生体の後始末に必要なお掃除時間とお考え頂く。
 こうしてサビが減ってくれば、それだけのメンケンの期間は短くなり、
限りなく健康体へと近づいて行く…と考えます。
          
                研珠庵アキュ 小橋(本多)正枝

日記一覧へ戻る

【PR】  高田つりぐ  株式会社ひらの不動産  ペットの美容室 くれよん  ワンルーム・アパート 日当たり抜群!潮来市 セレTKハイツ  クリア