こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》 | 日記 | 41.急性被ばくの恐れがなければ、昆布も…

疲労回復から交通事故後遺症などの慢性症状の切り崩しまで。特殊療法をマンツーマンでご提供。

Top >  日記 > 41.急性被ばくの恐れがなければ、昆布も…

こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》  の日記

41.急性被ばくの恐れがなければ、昆布も…

2012.10.08

■「コンブでヨウ素剤不要」 
道原子力防災の専門委員

共同通信社  10月3日(水) 配信

⇒早い話が、平素から行う食養生という努力も、無駄にならないという事。
食習慣の乱れが、如何に多くの病気を作り出しているか!
 海藻の力も、見直しておきましょう。
*~~~~~~~~~*~~~~~~~~~*~~~~~~~~~*


 北海道の原子力防災計画を見直す有識者専門委員会で昨年9月、
委員の一人が、甲状腺被ばくを抑える安定ヨウ素剤について「コンブだしの
みそ汁を毎日飲んでいれば要らない」と発言していたことが2日、分かった。


 コンブはヨウ素を多く含むが、旧原子力安全委員会は消化、吸収に
時間がかかることなどから、事故時の対策としては「摂取により、放射性ヨウ素の
甲状腺集積を抑えようとするのは不適切」との見解を出している。


 発言した北海道大大学院の加藤千恵次(かとう・ちえつぐ)教授(核医学)は
取材に対し「ヨウ素剤を配布しようとするだけでパニックを生むし、日本食を
食べていれば必要ない」と話した。


 2日の道議会予算特別委員会で、共産党の真下紀子(ました・のりこ)道議が
発言を「極めて異質だ」と指摘。道側は答弁で旧原子力安全委の見解を引用し、
ヨウ素剤の有効性を確認した。


 加藤教授は昨年10月には「のりを巻いたおにぎりを配るなど柔軟に。
ヨウ素剤を奪い合う、ばかなことが起きないようにするのが大事」と発言。
別の委員も「非常にいい指摘だ」などと応じた。


 立命館大の安斎育郎(あんざい・いくろう)名誉教授(放射線防護学)は
ヨウ素に富む食物を取ることにも意味はある が、食習慣の問題もある。
急性の被ばくの恐れにはヨウ素剤の服用が重要だ」と指摘している。 

日記一覧へ戻る

【PR】  松山市 開運の占い宝珠  【上板橋の整体】鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁん  正長刃物店  ハローストレージ練馬豊玉  チャチャ&モモ 自宅開放型和風お食事処ドッグカフェ