こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》 | 日記 | 160.【掃骨鍼法の仲間ご紹介】掃骨鍼法の技術交流も果たし、jMPS研究会で研鑽も積む仲間達です。

疲労回復から交通事故後遺症などの慢性症状の切り崩しまで。特殊療法をマンツーマンでご提供。

Top >  日記 > 160.【掃骨鍼法の仲間ご紹介】掃骨鍼法の技術交流も果たし、jMPS研究会で研鑽も積む仲間達です。

こばし鍼灸院《骨格ケレン/掃骨鍼法専門のお店》  の日記

160.【掃骨鍼法の仲間ご紹介】掃骨鍼法の技術交流も果たし、jMPS研究会で研鑽も積む仲間達です。

2015.09.22

【掃骨鍼法の仲間ご紹介】
Twitterより……
《慢性疼痛/鍼灸療法》『アメブロ43.【掃骨鍼法の仲間ご紹介】
掃骨鍼法の技術交流をし、jMPS研究会で研鑽積む仲間達です。』
この他にも同志はいらっしゃるはず。名乗りを上げて下さい。
技術交流をして、共に社会貢献して参りましょう。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
大阪:【こばし鍼灸院】/院長 小橋(本多)正枝
住     所:大阪市淀川区新北野1-3-4-409 近鉄淀川リバーサイドマンション
Tel/Fax: 06(6302)0108
ホームページ:
http://ms-kobashiz-acupu.on.omisenomikata.jp/diary/1422043
ブ ロ グ:しんきゅうコンパス こばし鍼灸院《からだのさびとりはりきゅうのこばし》
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/29560/
Facebook: 小橋正枝
https://www.facebook.com/acupun2
メッセージ:
「筋膜/Fasciaリリース・トリガーポイント掃骨鍼法(Bone-Therapy)」
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

大阪:【河岸鍼灸整骨院】/院長 河岸 格 (いたる)

住    所:大阪府堺市堺区向陵中町4-7-25 川口ビル2F
電    話:072-257-3355
ホームページ: http://itaru58.jugem.jp/?eid=36itaru58.jugem.jp
Facebook:河岸 格
https://www.facebook.com/itaru.sinkyu?fref=ts
メッセージ: 「 直伝の掃骨鍼法[そうこつ]を取り入れた鍼灸治療。」
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

大阪:【村上鍼灸院】/院長 村上 淳一
住    所:堺市中区八田北町619-82
電    話:072-320-8411
ホームページ: http://www.harinavi.com/item/am009345
Facebook: 村上淳一
推薦の言葉 : 「彼は我々の手を離れて、最も繊細な掃骨を目指す若手です。」
https://www.facebook.com/jun.ichi.104

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
大分:【玄 珠 堂】/院長 北林 達也
住    所:大分県 大分市府内町2-6-17 アクアビル201
電    話: 097-537-9271
ホームページ: http://www.coara.or.jp/~genju/
メッセージ: 六畳一間の統合医療
「玄珠堂の治療家人生はあと20年です。出会いは、
今生のうちに願います。死んでは鍼は持てません。
# いざ、お助け参らせん! 力及ばずば、お許し下さい。」
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

(J)MPS研究会:(日本)筋膜性疼痛症候群研究会
こちらはDr.オンリーでスタートした組織ですが、
2012年、我々コ・メディカルにも門戸が開かれました。
Facebookでもホームページが公開されています。
我々がここでお役に立てるのも、解剖図で説明が出来ることと、
外科的な運鍼が≪慢性疼痛≫の治療目標に合致するところに有ります。

昨年からはその技術が、NHKによって全国に紹介されています。

その① H27年『NHKスペシャル』
≪エコーガイド下 筋膜リリース注射法≫の映像が紹介されました。
けれど、この時点ではまだお添え物的な存在でした。 

その② H27年9月9日『ためしてガッテン――頑固な肩こり』 
MPS研究会会長 木村裕明先生が生理食塩水注射による筋膜リリースを実演。
加えて理学療法の立場から、首都大学東京の竹井仁先生も筋膜の働きに言及、
ジックリと紹介されました。 

https://www.youtube.com/watch?v=RNndKXKYiyo"  動画約33分
その③ 『ドクターG』 H28年1月 (3月にアンコール放送)
やはりMPS研究会の白石吉彦先生が、痛みの対応策として注射療法を
紹介されました。
この療法はエコーで目視できるところから、MPS研究会では
≪従来の検査に出ない=原因不明≫という構図を打破すべく、普及活動中です。  

160.【掃骨鍼法の仲間ご紹介】掃骨鍼法の技術交流も果たし、jMPS研究会で研鑽も積む仲間達です。

日記一覧へ戻る

【PR】  やきとん 日高家   ITM金山☆*:.。タイ古式マッサージスクール&サロン。.:*☆ 名古屋  衣裳工房kuriann (くりあん)  ケー焼陶芸 ~ Ke-yaki Pottery  HARUペットシッター